アラサー、アラフォー、アラフィフとは何歳からか、意味と定義


アラサー、アラフォー、アラフィフとは良く使われる用語ですが、
これらはすべて「和製英語」です。
「和製英語」とは英語を改良して日本人が勝手に作った造語ですので、
外国人には通じません。

アラサーとは「アラウンド・サーティー」の略で、30歳前後の人をいい、
厳密には「27歳以上33歳以下」の人を言います。

アラフォーとは「アラウンド・フォーティー」の略で、40歳前後の人をいい、
厳密には「35歳以上44歳以下」の人を言います。

アラフィフとは「アラウンド・フィフティー」の略で、30歳前後の人をいい、
厳密には「45歳以上55歳以下」の人を言います。

アラフィフより上の世代の人は、「アラカン」「アラセブ」などと
いわれることもあるようですが、現在はあまり一般的ではないかもしれません。
ちなみに「アラカン」57歳以上63歳以下「アラセブ」は67歳以上73歳以下の人を言います。

よく使われるのは「アラサー、アラフォー」ぐらいだと思われます。
アラサーという言葉は2006年ごろから使われだした言葉だと言われています。
どうやら女性向け雑誌がこれらの言葉を使い始め、ドラマやテレビで少しずつ使われて
いって広まっていった用語みたいです。

また、ここでは細かく年齢を区分しましたが、区切りとなる年齢の前後2〜3歳という
認識で覚えている人もいるので、それでも問題はないと思います。
例えば、アラサーなら30歳の前後2〜3歳、アラフォーなら40歳の前後2〜3歳、
アラフィフなら50歳の前後2〜3歳、という感じです。


一級建築士

プレスリリース

インフィールドフライ

外資系企業

保因者

クランクイン

株式会社

DTM

左翼と右翼

血圧の収縮期、拡張期

偏差値

TOP