DTMって何なのか、意味を解説


DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、
パソコンを使って音楽を作成したり編集する事を言います。
広義には、「作曲」だけでなく「編曲」やパソコン上で音楽を演奏
することもDTMと言ったりします。

一昔前はコンピューターミュージックとも言われていたものです。
その時はピコピコいうくらいのサウンドなイメージでしたが、
現在はパソコンやソフトの進化により、ロック、ジャズ、ヒップホップ、
フルオーケストラ、映画音楽など何でも作れるといっていいほどです。
また、パソコンソフトを使って既存の音楽を編集したり、
誰かが作ったデータを演奏させたりすることもDTMに含みます。

DTMはニコニコ動画のVOCALOID作品などで一躍有名になった用語でもあります。
VOCALOIDは声優や歌手の声を録音した音声編集ソフトで、DTMによって
曲は作れるけど歌を歌えない、という人のニーズにはまりヒットした
商品です。

また、DTP自体は正式な英語ではなく「デスクトップパブリッシング」を
もじって作られた和製英語です。
コンピューターミュージックは1980年代から登場していましたが、
DTMという言葉が使われ始めたのは1990年代からになっています。

DTMと似た用語に「DAW」というものがあり、これは「Digital Audio Workstation」
の略で、「パソコンを中心とした音楽スタジオ」という感じの意味になっています。

また、DTMに関連する用語としてよく使われる「MIDI」とは、
「Musical Instrument Digital Interface」の略称で、意味は「楽器のデジタル通信規格」
となっています。


一級建築士

プレスリリース

インフィールドフライ

外資系企業

保因者

アラサー、アラフォー

クランクイン

株式会社

TOP