野球用語、インフィールドフライの定義とは、意味


インフィールドフライとは、野球でノーアウトまたはワンナウトで走者が一塁二塁または
満塁の時、打者がフェアのフライを打ち上げた際に、それを内野手が通常、捕球できる場合に
適用されるルールです。
ツーアウトの時は適用されません。
また、バントであってもフライになれば適用されます。

インフィールドフライの適用になるとわかれば審判はすぐに
インフィールドフライを宣言します。
するとその時点で走者はアウトになり、フライを野手が落としてもアウトのままです。

このルールは一見、攻撃側に不利なルールに思えますが、野手がわざとフライを
取らずにダブルプレーをする行為から守るためのものなのです。

もしインフィールドフライがなければ、フライがあがった時点で一塁走者は野手が
ボールを捕球できないと判断すれば二塁に進み、捕球できると判断すれば一塁に
残るのが普通ですが、野手はその走者の動きを見て、二塁に進んでいるならボールを捕球して
一塁へ送球し、ダブルプレーにし、走者が一塁にいるままならわざと落球し、
この場合一塁に向かう打者がアウトになっていないため、一塁走者は二塁に向かわなければ
いけない進塁義務が発生し、ボールを持った選手が二塁に触れれば一塁走者はアウトになって
その後、一塁へ送球してダブルプレーをとる、というプレーが可能になってしまうのです。

ですが、インフィールドフライによって打者が即アウトにされれば一塁走者は二塁に進まなくては
いけない進塁義務がなくなるので、二塁にタッチしてアウトにされることはなくなるわけです。

下記は参考になる関連動画です。

過去には上記の試合以外でもインフィールドフライによるサヨナラゲームがあったとか・・・


一級建築士

プレスリリース

外資系企業

保因者

アラサー、アラフォー

クランクイン

株式会社

TOP