公務員とは何か


公務員とは、国および地方自治体、国際機関等の事務を執行する人、身分、資格を言います。
明治憲法下では「官公吏」と呼ばれていました。

公務員は、政治家のように国全体や地域の方向性を示す大きな仕事から、
警察官のように直接国民や住民に関わり、目の前で困っている人を助ける仕事まで、
様々ありますが、それらは全て国民一人ひとりの幸せのために働く、という
共通点があります。

立法・行政・司法の各部のどれに所属するかは問いません。

国の機関であれば「国家公務員」、地方公共団体であれば「地方公務員」といいます。
それらをさらに細かく分類すると、
「国家系・地方系・法律系・経済系・公安系・教育系・その他の公務員」に分類されます。

国家公務員T種とは公務員の中でも各省庁の幹部候補生になれるという
人気の高い資格で、中央官庁や国の出先機関などで仕事を行なう公務員に
なるために必要です。

公務員の職業には「議会の議員」「知事」「市町村長」「副知事」
「教師」「警察」など様々な職業があります。

公務員以外の会社員は通常、会社の利益から給与が支払われますが、
公務員は国から給与が支払われ、その元となっているのが国民が納めた税金です。

つまり、国民が納めた税金を使って国民がより住みやすくなるように働く人たち、
というわけなのです。

公務員には会社員にないメリットが多くあると言われます。
例えば、会社だと倒産やリストラによって職を突然失う可能性がありますが、
公務員は国がなくならない限り倒産やリストラのようにやめさせられる
ことはありませんし、売上げなどがないので、給与が景気に左右されなくて
安定している、などがあります。

また、年功序列で給与が上がる傾向にあり、若いうちは会社員よりも
給与が低い傾向にありますが、続けていれば高い収入も期待できます。
基本的に自分で退職を申し出るか懲戒免職にあわない限り続けられるので
長く続けるのも他の職より難しいことではないと言われます。

また、年金は公務員専用の共済年金というのが用意され、それに加入する
ことになります。

公務員になるためには、まず「出願」し「一次試験」をうけ合格すれば
「二次試験」をうけ合格することでなれます。


一級建築士

プレスリリース

インフィールドフライ

外資系企業

保因者

クランクイン

株式会社

DTM

左翼と右翼

血圧の収縮期、拡張期

偏差値

TOP